見る・遊ぶ

弘前公園の隠れスポット「ハート」の桜 花見客の人気に

弘前公園内にあるハートのスポット

弘前公園内にあるハートのスポット

  •  
  •  

 弘前公園(弘前市下白銀町)で開催中の「弘前さくらまつり」で現在、「ハート」の桜のが花見客の話題を集めている。

今年のハートのスポット。昨年より形がいいという声もある

 2本の桜の枝が空にハート型を描くように組み合わさっている場所がある同園。2015年から始めた取り組みで、樹木医が偶然見つけたことがきっかけという。隠れスポットとして、形を整えてライトアップも行っている。

[広告]

 同園ではハートの形が見える場所は非公開としているが、近くにハートマークの切り株を設置して目印としている。周囲には昼夜問わず花見客が集まり、写真を撮る姿や人の集団に近付き、ハートの形があったことに驚く姿も見られた。

 大阪から訪れたという20代女性は「どのようにできているのか不思議。写真をSNSにアップして自慢したい」と話す。昨年も来たという30代のカップルは「去年は恋人としてデートで来たが今年は婚約者として来た。弘前の桜は本当にきれいでここも思い出の一つ」と笑顔を見せる。

 弘前市公園緑地課が4月24日11時に発表した開花状況によると、園内(標準木)と外堀と西堀西岸は満開となり、西堀東岸は7分先となっている。

 弘前さくらまつりは5月6日まで。期間中はライトアップも行う(日没から23時まで)。

  • はてなブックマークに追加