見る・遊ぶ

青森の廃校で怪談イベント 夜の校舎散策企画も

旧広船小学校校舎

旧広船小学校校舎

  •  

 旧広船小学校校舎(平川市広船福田)で8月18日、「廃校怪談2018~夏夜のガチ怪談~」が開催される。

打ち合わせで夜の旧広船小学校を視察した映像

 2012年に平賀東小学校と統合して閉校した同学校跡を活用した同イベント。語り部が実話を基にした怪談話を披露するほか、廃校した校舎内部を夜間に散策する企画も行う。

[広告]

 主催は、平川市在住の同級生3人で結成した市民団体「Asobo!Hirakawa」。同団体代表の一戸健児さんは「平川を楽しもうとのコンセプトで活動しており、廃校を活用して楽しみたいと怪談イベントを思いついた」と話す。

 イベントに協力する「弘前乃怪」は、2013年から怪談イベントを寺院や農家蔵などで行っている。当日は怪奇現象や実話怪談を収集する「弘前乃怪実行委員会会」会長の「鉄爺」さんと、実話怪談作家の高田公太さん、実話怪談ショールーム配信者の斬玲也(れいや)さんらが怪談話を披露する。

 一戸さんは「ネットやテレビで怪談は情報としてたくさんあるが、リアルに体験できる怪談はない。大人がガチで楽しめるイベントとして夏の思い出作りに参加してもらえたら」と呼び掛ける。

 開催時間は18時30分~20時30分。会費は1,500円。

弘前経済新聞VOTE

eスポーツの競技として参加したいゲームは?