プレスリリース

“津軽びいどろ”を組み入れた、インテリア照明スピーカー「BLUE FOREST Speaker」のクラウドファンディングを開始

リリース発行企業:石塚硝子株式会社

情報提供:

石塚硝子株式会社(本社:愛知県、代表取締役 社長執行役員:石塚久継)は、グループ会社の北洋硝子株式会社が製造する”津軽びいどろ”を組み入れた、インテリア照明スピーカー「BLUE FOREST Speaker(ブルーフォレストスピーカー)」のクラウドファンディングを「GREEN FUNDING」にて開始いたしました。









また、クラウドファンディングと並行して2020年11月16日(月)~2021年2月14日(日)まで、蔦屋家電+(蔦屋家電二子玉川店1F)にて試作品を展示いたします。
【URL】https://store.tsite.jp/tsutayaelectricsplus-futako/


「BLUE FOREST Speaker」の3つの特徴



1.伝統工芸”津軽びいどろ”と”青森ひば”の組み合わせから作られた
  スピーカー
2.ガラスディフューザーによって360度に広がる音と光
3.日々の暮らしに馴染むデザイン


「BLUE FOREST Speaker」誕生の背景



ガラスは日常的に食器などに使われて生活になじみ深い素材です。また種々の工芸品で知られるように、高い透明性や美しい輝きも大きな魅力です。そして、ガラスは光が当たることで、さらに輝きを増します。ぜひ皆様のお部屋に生活を彩る美しいガラスをお届けしたいという想いで開発に至りました。


「BLUE FOREST Speaker」の特徴



ガラスは青森で職人が作る伝統工芸品”津軽びいどろ”、木は”青森ひば材”を使用し、青森にこだわっています。シンプルながらも、その存在感を醸すようにデザインされた唯一無二のインテリア照明スピーカー、それが「BLUE FOREST Speaker」です。




「津軽びいどろ」とは

津軽びいどろを生み出すのは青森県にある石塚硝子のグループ会社、北洋硝子株式会社。
「津軽びいどろ」を生産する北洋硝子の始まりは1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造からでした。
その成形技術と色ガラスを掛け合わせた工芸品として、1977年に『津軽びいどろ』が誕生しました。職人たちは技術開発にも力を注ぎ、美しい色ガラスの調合や、高い技術を要する技法もほぼ独学で習得するなど、常に新しい技へのたゆまない努力を続け、現在では青森県伝統工芸品の指定を受けるに至りました。




【「BLUE FOREST Speaker」製品概要】

価格(税抜):59,800円
本体仕様




オーディオ仕様




石塚硝子について

創業200周年を迎えた石塚硝子グループは、ガラスびん・ガラス食器・プラスチック容器・紙容器・ペットボトル・陶磁器など、「ガラス」や「容器」をキーワードとして事業領域を広げてきました。
今回、これまでに培った技術や保有する素材、販路を活用しながら、近年の社会変化・消費者ニーズを反映した新規事業の創出を目指して、ガラスを活用した家電ブランド“Glas+(グラスプラス)”を立ち上げました。
今回の「BLUE FOREST Speaker」に続き、ガラスヒーターの技術を活用した従来にない透明なガラス製保温プレートの開発を進めております。



【URL】https://greenfunding.jp/portals/pages/crystal-warm-plate

今後もガラスを活用した魅力的な製品を開発して参りますので、ぜひご注目ください。


【会社概要】

会社名:石塚硝子株式会社
所在地:愛知県岩倉市川井町1880番地
代表者:代表取締役 社長執行役員 石塚久継
創業:1819年(文政2年)11月
設立:1941年(昭和16年)4月16日
URL:https://www.ishizuka.co.jp/
事業内容:ガラスびん・ガラス食器・紙容器・プラスチック容器・セラミックス製品の製造販売

会社名:北洋硝子株式会社
所在地:青森県青森市冨田四丁目29番13号
代表者:代表取締役 壁屋知則
URL:https://tsugaruvidro.jp/
事業内容: ガラステーブルウェア、インテリアの企画・製作・販売


  • はてなブックマークに追加