プレスリリース

赤字の食堂『ど冷えもん×ご褒美Theぐるめ』で黒字化に!これからの食堂のカタチ。

リリース発行企業:株式会社パック・エックス イノベーション

情報提供:

ど冷えもん一次販売代理店の(株)パック・エックスイノベーションの運営する【ご褒美Theぐるめ】は公営競技場での自販機を利用したセルフ飲食店を企画、展開している。同社は自販機設置のロケーションから販売する商品を提案、自販機の第一次代理店でもある為、現地調査、設置立会いから、自販機で販売する商品を卸し、自販機での販促促進のサポートまでを一環して行っている。(セルフ飲食での自販機導入は(株)パック・エックスイノベーション イノベーション事業部まで)


2023年9月15日(金)~18日(祝・月)青森競輪場で行われた『第39回共同通信社杯(G2)』の初日、公営競技場初のセルフ飲食店『ど冷えもん×ご褒美Theぐるめ』が3台同時にオープン。




今回、青森競輪場を運営する日本トーター株式会社(本店品川)が真っ先に相談したのは既にセルフ飲食店を『ど冷えもん×ご褒美Theぐるめ』で展開している株式会社パック・エックスイノベーション(本社汐留)でした。

同社は3年前からど冷えもんの一次販売代理店と自社ブランドの『ご褒美Theぐるめ』の運営を行っており、セルフ飲食店を冷凍自販機『ど冷えもん×ご褒美Theぐるめ』で企画立案し、多くの業態が抱える雇用や採用、食品ロス、ランチ難民、従業員の食事、お客様の滞在時間を延ばしたいなどの課題解決に向き合ってきました。

青森競輪場を運営する日本トーター株式会社、総合運営部運営課の金子氏は
「郊外の公営競技場の課題は大きく3つ挙げられます」と言う。

一つ目はインターネットでの車券購入者が増え競輪場への来場者数が減少、また、毎日開催するわけではない為、食堂売店の経営が難しく、撤退してしまうこと。

二つ目はお客様の滞在時間が延びないこと:1階、5階は飲食店が常駐していない為、ご飯時には帰ってしまう、2階も食堂は16:30で終了

三つ目に減少する来客数で食品ロスが生まれてしまう

そんな課題をすべて解決してくれたのが『ど冷えもん×ご褒美Theぐるめ』
無人のセルフ飲食店としても機能し、食のバリエーションの増強も可能。そしてお客様の滞在時間が増える結果になりました。

実際に飲食店が撤退した5階の特別観覧席のお客様からは
「2階の飲食店に行くのも面倒だったので助かっている。また最近の冷凍食品はとても美味しいよね、電子レンジもボタン一つなのでわかりやすい」と、お客様のお声も上々です。
5階特別観覧席


200V業務用電子レンジ
2階一般観覧席

黒炒飯
屋台風たこ焼き


炭火焼やきとり

ナポリタン

黒毛和牛入りメンチカツサンド
飲むかき氷レモン

飲むかき氷いちご

飲むかき氷ぶどう

(株)パック・エックスイノベーションは課題解決の手段の一つとして様々な業態の郊外施設にて
その場で家庭用(業務用)電子レンジにて料理人が調理した軽食を中心に簡単に美味しく食べることができる『ご褒美Theぐるめ』をご提供しております。現在では公営競技場だけでなく、ビジネスホテル、病院、ガソリンスタンド、サービスエリア、パチンコホールなど様々な業態に冷凍自販機を活用した無人のセルフ飲食店の企画運営に携わっております。


株式会社パック・エックスイノベーション
〒105-0021
東京都港区東新橋2-4-1サンマリーノ汐留6階
電話:03-5777-0361 担当:吉松
メール:yoshi@pac-ex.com

  • はてなブックマークに追加

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース