3密を避けて新しい生活様式へ!

フォトフラッシュ

公開前に開催された落語会。今年は桂宮治さんが呼ばれた

落語「応挙の幽霊」を披露した

  • 72

  •  

久渡寺(くどじ、弘前市坂元)で7月8日、江戸時代中後期の絵師・円山応挙(まるやまおうきょ)の真筆とされる幽霊画が1時間だけ限定公開された。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

弘前経済新聞VOTE

お盆に弘前への帰省をどう思いますか?