フォトフラッシュ

幽霊画を所蔵していた箱

幽霊画のルーツが紹介されている

  • 2

  •  

久渡寺(くどじ、弘前市坂元)で7月8日、江戸時代中後期の絵師・円山応挙(まるやまおうきょ)の真筆とされる幽霊画が1時間だけ限定公開された。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース