見る・遊ぶ

弘前の市民球団「ブランデュー」「アレッズ」新監督決定 来季への意気込み語る

弘前アレッズの新監督・久保良太さん

弘前アレッズの新監督・久保良太さん

  •  
  •  

 弘前の市民球団「ブランデュー弘前」と「弘前アレッズ」の新監督が決定した。

ブランデュー弘前は子ども向けにサッカー教室などを開く

 2012年に創設された両球団。共にスポーツを通じて弘前の発展や社会貢献などを目的に活動する。

[広告]

 ブランデュー弘前はJリーグ加盟を目指すサッカークラブチーム。名古屋グランパスエイトなどに所属した元Jリーガー・吉本岳史さんが創設当初から監督を務め、昨年11月1日に契約満了による退任が報告された。

 新監督は昨年12月31日に内藤就行さんと発表された。内藤さんは奈良県出身の元Jリーガーで、鹿島アントラーズやFC東京などで活躍。2003年に現役を引退し、サガン鳥栖、モンテディオ山形といったクラブチームのコーチや監督などの指導者を務めてきた。

 ブランデュー弘前の黒部能史さんは「内藤新監督は若手選手の育成に定評があり、サッカー界に長く身を置いてきた人物の一人。さまざまな経験を若手に伝えてほしい」と期待を寄せる。

 弘前アレッズは「弘前のチームからプロ野球選手として輩出」や「日本一」を目指す社会人野球のクラブチーム。2015年から元プロ野球投手の今関勝さんを監督に迎え、翌年には全日本クラブ野球選手権大会で初勝利を挙げ、昨年はクラブチームから初の「地域の元気 総務大臣賞」に選ばれた。

 今関さんは市職員としての公務を優先する理由で昨年12月末に退任。新監督は1月13日に球団代表の久保良太さんと発表した。久保さんは今後、代表と監督を兼務し同チームをけん引する。

 久保さんは「選手個々の能力は高いチーム。一人一人の会話を大事にし、自主性のあるチームにしていきたい。目標は日本一」と意欲を見せる。

 アレッズ弘前の初の公式戦は5月初旬に行われる都市対抗野球一次予選青森県大会となる。

  • はてなブックマークに追加