アナログにこだわったクラブイベント、弘前で開催へ-ファッションと融合

手でおにぎりの形をイメージしているDEENIGHT featuring ONIGIRI DISCOTHEQUEのフライヤー

手でおにぎりの形をイメージしているDEENIGHT featuring ONIGIRI DISCOTHEQUEのフライヤー

  •  
  •  

 ファッションと音楽を結びつけたクラブイベント「DEENIGHT(ディーナイト)」が7月19日、スペースデネガ(弘前市上瓦ケ町)で開催される。

弘前市松森町にあるセレクトショップ「ディーライトカルトレイン」

 クラブイベントの敷居を下げたいと、セレクトショップ「DEELIGHT CALTRAIN(ディーライトカルトレイン)」(松森町)の店長・山本太一さんが企画した。「お客さまが買った服を着て外出できるような場所が弘前には少ないと感じたことがきっかけ」と話す。山本さん自身はDJとして音楽活動も行っていたことから、音楽とファッションを融合するイベントを主催することに至った。

[広告]

 同イベントでは山本さんのほか、弘前で活動するDJ3人が出演し、東京から2人のDJを呼ぶ。ONIGIRI DISCOTHEQUE(オニギリ・ディスコテーク)と呼ばれる音楽パーティー出身のKATEB(カテブ)とSAM FITZGERALD(サム・フィッツジェラルド)は、それぞれ海外出身者で東京在住。山本さんが東京で知り合い、直接呼び掛けて実現した。「DJには必ずレコードで参加してもらう」と山本さん。「アナログ音楽の良さを味わってほしい」とこだわりを見せる。

 同イベントには、英ファッションブランド「FRED PERRY(フレッドペリー)」が協賛する。地方の音楽イベントに協賛するのは初。ドリンクを提供する「BAR SMALL BATCH(バー スモールバッチ)」(鍛冶町)の女性バーテンダーたちに衣装を提供する予定だ。

 開催時間は20時~。チケットは当日券のみで2,000円(2ドリンク)。

  • はてなブックマークに追加