天気予報

27

18

みん経トピックス

弘前で「ゆうれい展」弘前に双子の手作り子ども服

弘前に「イタそば」専門店「チリエージョ」 パスタ製法応用したラーメン主力に

弘前に「イタそば」専門店「チリエージョ」 パスタ製法応用したラーメン主力に

チリエージョの野村農さん

写真を拡大 地図を拡大

 青森銀行記念館(弘前市元長町)近くに8月1日、「sobabar ciliegio(チリエージョ)」(TEL 0172-26-6221)がオープンした。

看板メニューの「醤油soba」

 調味料やトッピングなどは青森県産食材にこだわり、パスタの製法を応用したという「Ita-soba(イタそば)」を提供する同店。店舗面積は約10坪、座席数は28席。

 店主を務める野村農さんは弘前市出身。高校卒業後、進学のために上京し、都内のイタリアンレストランに就職した。約7年前にラーメン店を手伝ったことがきっかけとなり、ラーメンに興味を持ったという。「麺や具、スープ一つとっても、それぞれにこだわりを見せることができるだけでなく、一杯の中に凝縮させられるのがイタリアンとは違うラーメンの魅力」と話す。

 店舗は白色を基調とし、店名のロゴは弘前の書家・菊池錦子さんが手掛けた。チリエージョはイタリア語で「桜の木」の意味。店内の小上がり席には、子どもが落ちないよう可動式の転落防止柵を設置する。「子どもから年配者まで幅広い年齢層に来店してもらいたい」と野村さん。

 メニューは、「醤油soba(しょうゆそば)」(800円)、「セサMiso soba(セサみそそば)」(850円)、季節のスープsoba(900円)のほか、ライス(並=150円、大盛り=200円)、とり飯(300円)、ローストポーク丼(400円)などのサイドメニューは麺とセットの場合は50円引き。ドリンクメニューは、ソフトドリンク(200円~)、ビール(480円~)など。

 「定休日はないが、当分の間、2週間の期間で、東京や埼玉に戻ってラーメン店の仕事も行うスタイルで営業する」と野村さん。

 「今後はさらに青森の食材を使ったラーメンを発信していきたい。例えば同じレシピで、青森県産の食材を使うと味の濃さに違いがある。青森は食材が豊富だけでなく、質も高い。ラーメンを通じて県外の人だけでなく、県内の人にもその豊かさを伝えていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は、11時~15時、17時~21時。

グローバルフォトニュース