見る・遊ぶ

弘前昇天教会で沖縄出身バンドがライブ-教会に足を運ぶ契機に

弘前昇天教会の礼拝堂をバックにライブを行う「CINEMA dub MONKS」

弘前昇天教会の礼拝堂をバックにライブを行う「CINEMA dub MONKS」

  • 0

  •  

 弘前昇天教会(弘前市山道町7)で3月24日、沖縄出身のパフォーマンスバンド「CINEMA dub MONKS」による単独ライブが行われた。

[広告]

 同教会は1921(大正10)年に建てられたイギリス式レンガ造りのゴシック様式の教会。現在も礼拝行っており礼拝時間に限り観光目的の入館はできない。「今回のようにライブとして利用するのは珍しい」と話すのは、ライブを誘致したNPO法人「harappa」の小杉在良さん。「弘前には多くの洋館や教会があり、弘前昇天教会は地元の人でも入ったことがない教会の一つ。今回のライブで少しでも市民に教会に触れてもらえれば」と期待を込める。

 ふすまの奥に聖堂が見える和洋折衷がユニークな場所でライブを行うのは同バンドにとっても初めて。同バンドは2人だが、メンバー紹介の際、3人目のメンバーとして弘前昇天教会を紹介。「昔は映像を見ながら音楽を聴くバンドだった。今日は教会も楽しみながら聴いてください」と笑いを誘いながら自己紹介した。

 前日の23日には藤田記念庭園(上白銀町8)でハーモニカのワークショップを開催。集まった市民10人は洋館の雰囲気を楽しみながら、同バンド主宰の曽我大穂さんからハーモニカの吹き方などを学んだ。参加した市内に住む女性(30代)は「こうしたイベントがもっとあれば、市民になじみの少ない藤田記念庭園へ足を運ぶ機会につながるのでは」と話していた。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース