見る・遊ぶ

弘前で「ゆうれい展」 幽霊画やお化け絵80点

約80点の幽霊画が並ぶギャラリー森山館内

約80点の幽霊画が並ぶギャラリー森山館内

  •  
  •  

 弘前のギャラリー森山(弘前市樹木、TEL 0172-35-6787)で8月1日、幽霊画を集めた「ゆうれい展」が始まった。

森山豊さんが初めて取り出した時、絵から火の玉が飛び出したという幽霊画

 弘前や黒石の寺院などから借りた幽霊を描いた掛け軸や錦絵、ねぷた絵などを約80点展示する同展。絵を供養するために毎年お盆の時期だけに展示していたが、今年は8月の間、無休で開催する。同館館長の森山豊さんは「お盆時期だけでなく長く開催してほしいという要望があったため」と話す。

[広告]

 今年は、作者不詳の幽霊画の掛け軸を10数点増やしたほか、お化けを描いた錦絵などを新たに展示。テレビの生放送中に「閉じているはずの目が開いた」と話題になった渡邊金三郎の幽霊画や、久渡寺(弘前市坂元)が所有している江戸時代の絵師・丸山応挙が描いたとされる幽霊画のレプリカも展示する。

 森山さんは「地獄絵の展示には子ども用に説明書きを増やすなど、展示方法に少しこだわった。展示期間は長くしたので、夏休みを利用するなど気軽にご来場いただければ」と呼び掛ける。

 開館時間は10時~18時。入館料は大人500円、小中学生300円。8月31日まで。

  • はてなブックマークに追加