3密を避けて新しい生活様式へ!

弘前でTHA BLUE HERB、8年半ぶりのライブ 弘前公園の桜に合わせる

会場には約150人のファンが詰め掛けた

会場には約150人のファンが詰め掛けた

  • 0

  •  

 弘前lavish(弘前市鍛冶町)で4月23日、北海道・札幌出身のヒップホップユニット「THA BLUE HERB(以下、TBH)」のライブが行われた。

力強いリリックで会場を盛り上げるBOSSさん

 TBHはメッセージ性の強いリリックやさまざまな音楽を取り入れたサウンドが人気で、弘前でのライブは3度目で8年半ぶり。MCのILL-BOSSTINO(イル・ボスティーノ、以下BOSS)さんが昨年10月にリリースしたソロアルバム「IN THE NAME OF HIPHOP」を引っさげたライブとなった。

[広告]

 ライブは21時から始まり、弘前を中心に活動する6人のDJらによるパフォーマンスの後にBOSSさんが登場。「HELL-O MY NAME IS…」から始まり、「I PAY BACK」「NOW IS NOT THE TIME」といった新曲を披露し、約2時間にわたって熱唱した。

 ライブ中のMCでBOSSさんは「『HIPHOP』は自分のしようとしていることや成し遂げていないことに、札幌は弘前に置き換えて聞いてくれても構わない」と話す。ライブに関しては「桜が咲く時期に弘前へ来たかった」と明かし、今年1月ころの打ち合わせで同日が満開になるだろうと日にちを決めたとも話し、弘前の水木泰輔さんによって実現できたライブと感謝の意を表した。

 翌24日には水木さんらと共に弘前公園で満開の桜を楽しんだという。

Stay at Home

弘前経済新聞VOTE

お盆に弘前への帰省をどう思いますか?