弘前でポップカルチャー音楽イベント 弘前出身「ビートまりお」さんら出演

弘前市出身のビートまりおさんが主宰するCOOL&CREATE。メーンボーカル・あまねさんも青森県出身

弘前市出身のビートまりおさんが主宰するCOOL&CREATE。メーンボーカル・あまねさんも青森県出身

  •  
  •  

 弘前のライブハウス「マグネット」(弘前市元寺町)で来年2月13日、ポップカルチャー音楽イベント「うぃっちたいむ2!!おかわり」が開催される。

弘前で初めてライブを行う佐野電磁さん

 アニメやゲーム、漫画といったポップカルチャーを広く一般向けに紹介する同イベント。昨年11月に第1回を開き、今年は11月21日に弘前駅前のショッピングモール「ヒロロ」(駅前町)で開いた。同市出身で週刊ファミ通編集長の林克彦さんやゲームクリエイターを招き、フォーラムやワークショップなどを行った。

[広告]

 「アニメやゲーム音楽の魅力を弘前の人たちはまだ知らない」と話す同実行委員会スタッフ。実行委員らも慣れ親しんだ同ジャンルの音楽を幅広い人たちにも知ってもらいたいと、今回は音楽イベントになるという。「海外で人気がある日本の音楽は、実はゲーム音楽やアニメソング。アニメやゲームというだけで一線を引いてしまうような人にこそ遊びに来てほしい」とも。

 当日はヘッドライナーとして2人のアーティストが出演する。弘前市出身のビートまりおさんは、自主制作音楽作品を同人即売会や同人ショップなどで発表するというスタイルを持つ「同人音楽家」。主宰する「COOL&CREATE」を率いて5年ぶりに凱旋(がいせん)ライブを行う。「弘前がもっと元気になれるようなライブができるよう、全力でがんばりたい」と意気込む。

 佐野電磁さんはナムコ(現バンダイナムコゲームス)のサウンドチームの一員として「リッジレーサー」「鉄拳」シリーズの楽曲を担当。現在は「DETUNE」社長としてニンテンドー3DSやiOS上で動作するシンセサイザーソフトの開発を手掛けている。近年はYMOのパロディーバンド「OMY」でメジャーデビューを果たしたほか、同人音楽サークルを立ち上げるなどさまざまな活動を行う。

 そのほか、地元で活動するDJ5組が出演し、さまざまなジャンルの音楽とゲーム音楽やアニメソングを組み合わせ紹介する。

 14時30分開演。チケットは、前売り券=2,500円、当日券=3,000円。ローソンチケットで取り扱う。

  • はてなブックマークに追加