見る・遊ぶ

弘前公園が1日早く満開-週末の観光客は32万人

満開となった弘前公園の桜

満開となった弘前公園の桜

  •  
  •  

 弘前公園の桜が満開を迎え、見頃となった桜を楽しもうと全国から多くの観光客が訪れている。

弘前城と桜をバックにたか丸くんと記念撮影

 弘前市は4月27日、予報より1日早く桜の満開を宣言。同市は満開を平年並みの28日と予報していたが、前日まで最高気温20度以上の好天に恵まれ、満開が早まったという。「弘前さくらまつり」で訪れた観光客数は、ゴールデンウイーク最初の日曜日ということもあり、32万人(さくらまつり本部発表)。多くの花見客が満開となった桜を楽しんだ。

[広告]

 この日、弘前市のマスコットキャラクター・たか丸くんの生み親である妹尾昭吾さんが同公園内で結婚写真の撮影を行った。満開の桜の中、お祝いに駆け付けたたか丸くんと並び記念撮影した妹尾さんは「ちょうどよい時に来られてよかった」と満面の笑み。通り掛かった花見客からは拍手が沸き起こった。

 撮影を依頼された写真館ハセガワ(同市東長町)のオーナー・長谷川正之さんは「さくらまつり期間中でも公園内で思い出に残る記念撮影を行っているが、たか丸くんと並ぶ花嫁を撮るのは初めて」と笑う。

 「弘前さくらまつり」は5月6日まで。同市によるとソメイヨシノは今月いっぱい楽しめるという。

  • はてなブックマークに追加