食べる

弘前駅近くにラーメン店「弘前海老トマト」 女性と訪日客ターゲットに

(左から)「弘前海老トマト」店長の石郷岡理佐さんとスタッフ

(左から)「弘前海老トマト」店長の石郷岡理佐さんとスタッフ

  • 215

  •  

 ラーメン専門店「弘前海老(えび)トマト」(弘前市駅前、TEL 0172-55-6598)が現在、プレオープン営業を行っている。

看板メニューの「弘前海老トマト」

[広告]

 昨年7月、東京・新宿にオープンした「東京海老トマト」ののれん分けで「えびそば金行」(富士見町)の姉妹店となる同店。数種類のエビから取っただしと五ツ星レストランのシェフが使っているというイタリア産フルーツトマトで仕上げたスープが特徴。店長の石郷岡理佐さんによると、ターゲット客層は女性と訪日外国人旅行者という。

 出店に当たり「東京海老トマト」で修業したという石郷岡店長は「スープの3分の1はトマトだが、苦手な人にも食べやすく仕上げている。油は一般的なラーメンより少ない」と話す。

 店舗面積は約14坪。席数は18席。今年1月に閉店した「ナチュロロジーハウス」跡で開業した。どんぶりは保温性の高いメラミン製を使う。

 メニューは、「弘前海老トマト(シンプル盛り)」「オマール海老SOBA(シンプル盛り)」「淡麗豚骨SOBA」(以上、890円)、「ハバネロ海老トマト」(980円)をはじめ、キャベツとバゲットを付けた「サービス盛り」(100円)、チャーシュー増し(250円)、煮卵(120円)、キャベツ増し(120円)などのトッピング、チーズ飯(290円)、TKG(250円)など。学割メニューも用意する。

 石郷岡さんは「グランドオープンは4月中旬の予定。気軽に立ち寄れるようなアットホームな店にしたい」と意気込む。

 営業時間は、11時30分~15時30分、17時30分~21時。木曜定休。

ピックアップ

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース