食べる 見る・遊ぶ

弘前のバーでりんご娘コラボカクテル メンバーが収穫したリンゴ使う

2種のコラボカクテルとりんご娘たち

2種のコラボカクテルとりんご娘たち

  • 101

  •  

 弘前のバー「黒い月」(弘前市親方町)で現在、芸能事務所「リンゴミュージック」(宮川)が運営する農地「スマイルファーム」のリンゴを使ったコラボカクテルを提供している。

2種のコラボカクテル

[広告]

 「黒い月」はリンゴミュージックに所属する「りんご娘」のミュージックビデオ「LOVE & SOLDIER」で撮影場所となったバーで、ファンの間では「聖地」となっている。コラボカクテルはスマイルファームで収穫したリンゴを活用できないかとリンゴミュージックから提案を受けたことから実現した。

 「黒い月」店主の中野郁子さんは「彼女たちが収穫したリンゴを使ったカクテルでファンたちを喜ばせたかった」と話す。リンゴミュージックの小野悠さんは「想定以上の収穫量があったため、地元の飲食店を応援するために役立てたいと企画した」と話す。

 カクテルは2種類。りんご娘が今年8月にリリースした曲「りんごに恋したマメコバチ」をイメージした「マメコバチスカッシュ」とキャラメルリキュールが入った「キャラメルりんごラテ」(以上、880円)。どちらも収穫時期に合わせたリンゴを使うため、品種が変わる。ノンアルコールの場合は100円引き。

 10月27日から提供を始めたところ、ファンたちの間で話題が広がり、来店する人もいるという。「もともとりんご娘をイメージしたカクテルが欲しいといった要望があり、都度対応していたが、メニューとして出したのは初めて。飲み比べるファンが多い」と中野さん。

 スマイルファームでは、ふじや王林、ジョナゴールドといったリンゴを栽培しており、事務所隣に設置したリンゴの無人販売所「アップルストアー」で販売もしている。収穫したリンゴは「黒い月」だけでなく、今後「名曲&珈琲 ひまわり」(土手町)や「カフェテラス・ケララ」(御幸町)などのカフェでスイーツにも活用する予定という。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース