買う

弘前の画材店がねぷた初心者向け画材セット販売へ 県外需要に応え企画

「ねぷた絵スタートセット」

「ねぷた絵スタートセット」

  •  
  •  

 弘前の額縁・画材専門店「太平洋画房」(弘前市富田、TEL 0172-32-3590)が11月29日、初心者向けのねぷた絵用画材セット「ねぷた絵スタートセット」の販売を始めた。

「ねぷた絵スタートセット」一式

 14色の粉末染料、和紙、濃墨液、筆、はけなど8点の画材一式をセットにした同商品。スタッフの斉藤ゆきさんによると、ねぷた絵制作に初めて挑戦する客がどの道具をそろえたらいいのか迷い、相談を受けることが多かったため考案したという。「最低限完成させるまでの道具が一通りそろっているため、困って画材を買い足す手間が省ける」と話す。

[広告]

 1952(昭和27)年創業の同店は、額縁、水彩絵の具や色鉛筆、コミック用画材、洋画・日本画用材料など幅広く取りそろえる。ねぷた絵制作用画材は通年取り扱っており、地元をはじめ、県外からも注文があるという。

 斉藤さんは「近年、ねぷた・ねぶたを県外で運行する機会が増えているせいか、地元より県外からのお問い合わせが多くなっている」と話す。

 スタートセットに入れる筆は選ぶのに時間をかけたという。「本来の大きさのねぷた絵と違い、同梱(どうこん)した半紙程度の大きさに描くことを想定し、筆の大きさを選んだ。選び始めるときりがなく、線引きには苦労した。ろう描き用の筆は入れることにした」と斉藤さん。「60サイズでの郵送に対応した箱にすべて入れられるよう工夫した」とも。

 斉藤さんは「ねぷた絵に興味を持ったが何から買っていいか分からない人にぜひ選んでほしい。奥深いねぷた絵の世界を知るきっかけになれば」と笑顔を見せる。

 価格は7,100円。弘前ねぷた・青森ねぶた・五所川原立佞武多の絵ハガキ3枚セットも数量限定で同梱する。

SmartNews Awards 2019

弘前経済新聞VOTE

2020年、弘前で楽しみにしている(期待している)ことは?