3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

青森の枝豆「毛豆」コンテスト出場者出そろう-「最強毛豆決定戦」開催へ

生産者が自ら収穫し塩ゆでして出品する。「最強毛豆決定戦」

生産者が自ら収穫し塩ゆでして出品する。「最強毛豆決定戦」

  •  
  •  

 青森在来の枝豆「毛豆」のおいしさを競う「最強毛豆決定戦‘14」が9月26日、開催される。主催は青森毛豆研究会。

2013年の入賞者たち。昨年のグランプリ・八木橋信行さん(写真左から2番目)

 毛豆とは、青森県津軽地方の農家によって代々受け継がれている、茎やサヤが茶色の毛に覆われている在来の枝豆のこと。通常の枝豆よりも旬の時期が遅く、9月下旬ごろから収穫が始まる。粒が大きく甘みが強いのが特徴で、その味わいはクリのようとも例えられている。

[広告]

 同コンテストは毛豆の味や見た目を競い合い、最もおいしく毛豆らしさのある豆を発掘することを目的にしている。本年度からは審査方法も新しくなり、審査に一般参加者も加え、昨年以上に味や見た目といった「毛豆らしさ」が問われることになる。

 今年は12人の生産者が出場。生産者が毛豆を収穫し、自ら塩ゆでした状態で出品する。2年連続で出場する長内農園(北津軽郡板柳)の長内将吾さんは「今年こそグランプリ。甘みとうま味が最高の毛豆で挑戦したい」と意気込みを見せる。

 イベント開催を来週に合わせ、9月16日にはNHK青森放送「あっぷるワイド」の「うまいぞ!青森」コーナー(18時30分ごろ~)で、コンテストに出場する生産者らの、それぞれの毛豆のこだわりなどを生放送で紹介する予定。

 同会の事務局スタッフによると、8月11日より一般参加者の応募を始めたが、すでに定員に達しているという。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

弘前経済新聞VOTE

コロナが収束したら何をしたい?