食べる

青森・大鰐の老舗旅館にカフェ 5代目が長年の夢かなえ改修

2階の店内。奥のテーブルは卓球台を活用している

2階の店内。奥のテーブルは卓球台を活用している

  •  

 青森・大鰐の8月8日、レストラン&カフェバー「WANY(ワニー)」(南津軽郡大鰐蔵館、TEL 0172-49-1082)がオープンした。

「WANY」外観。奥に見えるのが「ヤマニ仙遊館」

 大鰐で唯一の国指定登録有形文化財となる旅館「ヤマニ仙遊館」の土蔵を改修した同店。店主の菊池啓介さんは創業明治5年の同旅館の5代当主で、現在は弘前で住宅工務店を経営する。「土蔵をカフェなどにリノベーションして地域の交流の場をつくることが長年の夢だった」と菊池さん。

[広告]

 土蔵は3階建で同旅館の物置として利用されており、店舗面積は約30坪。客席数は33席。店内には大鰐の白黒写真や古地図などを展示する。菊池さんは「大鰐が一番栄えていたと言われる大正から昭和初期を表現している」と話す。

 改修に当たっては、土蔵で保管してあったせいろや火鉢を照明器具や手洗い場に活用したほか、オーダーメイドという卓球台をテーブルに使った。「可能な限りこの土地にある物、残っていた物を使うことにこだわった」と菊池さん。

 メニューは、ハンバーグ(デミグラスソース、スパイシーソース)、スパイシーポーク、フライドチキン(各800円)のほか、ビール、ハイボール(各500円)など。ランチタイムには「本日のランチ」(スープ、サラダ、ドリンク付き、900円)を提供する。

 8月1日にプレオープンし、地元客を中心に訪れて改修された店内に喜ぶ姿を見て手応えを感じているという菊池さん。「新しく人が集まるような場を作り、温泉文化を残して発信することができれば」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~14時、17時~21時。

弘前経済新聞VOTE

eスポーツの競技として参加したいゲームは?