暮らす・働く

弘前の無水ヘッドスパ専門店がリニューアル 「浸透」に意欲

店主の齋藤綾子さん

店主の齋藤綾子さん

  •  

 弘前の老舗旅館・齋栄旅館内にある無水ヘッドスパ専門店「marusai(まるさい)」(弘前市元寺町、TEL 0172-32-1511)が7月1日、リニューアルオープンした。

老舗旅館の2階の客室を改修した施術ルーム

 水を使わず手だけで頭皮をもみほぐす店として2015年からオープンしていた同店。当初は齋栄旅館の宿泊客を中心としたサービスを提供していたが、同旅館の改修に伴い、広さ約8坪の施術ルームを用意し、一般利用客にもサービスを提供しようとリニューアルした。

[広告]

 店主の齋藤綾子さんは同旅館社長の娘で、青森県内でエステティックや脱毛などの仕事に従事していたが、3年前に無水ヘッドスパを体験。「美容室などのヘッドスパとは違い、衝撃を受けた」と齋藤さん。1週間後には、無水ヘッドスパ専門店「悟空のきもち」が行う「ヘッドマイスター認定講座」に申し込み、青森県初のヘッドマイスター資格取得者になったという。

 齋藤さんによると、常連客の70代女性や体のマッサージが受けられない妊婦の利用などがあるという。「もみ返しがなく、髪をぬらすことない。着替えの必要もないため気軽に受けられるのも魅力の一つ」と齋藤さん。

 メニューは、30分コース(前頭部・頭・首)=3,700円、45分コース(頭全体・顔・首)=5,400円、60分コース(頭全体・顔・首~肩・デコルテ)=6,900円。オプションメニューとして「腕のもみほぐし(15分)」=1,000円、小顔かっさ=1,500円を用意する。出張サービスにも対応する。

 齋藤さんは「青森ではまだ知られていない無水ヘッドスパを浸透させていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~20時。完全予約制。