見る・遊ぶ

弘前で1年ぶりのプロ野球1軍公式戦 当日券、限定グルメなども

試合前のはるか夢球場

試合前のはるか夢球場

  •  

 弘前はるか夢球場(青森県弘前市豊田)で7月3日、プロ野球1軍公式戦・青森銀行ナイター 楽天イーグルス対福岡ソフトバンクが開催される。

最寄駅・弘南鉄道弘南線「運動公園前駅」ではホームにマウンドとホームベースを描いた

 昨年に引き続き弘前で開かれるプロ野球1軍公式戦。昨年は29年ぶりの青森開催となり、オリックス・バファローズの試合となった。来場者数は1万3227人。

[広告]

 同日は、弘前市運動公園周辺は進入禁止となり、関係車両のみの通行となる。弘南鉄道と弘南バスは共通の特別共通片道乗車券を大人=250円、子ども=100円で販売。購入場所は、弘前駅中央口1番乗り場と弘前バスターミナル、同日の有人駅となる。

 弘南鉄道では18時以降増便を計画し、試合状況によっては予備列車も用意する。弘南バスでは経路を増やし、8回終了後から弘前駅中央口・弘前バスターミナル行きのバスを増便し対応する。

 球場では弘前を中心とした飲食店30店以上がゲート内で出店し、いがめんちお好み焼きや牛バラ串焼きなどを提供するほか、楽天生命パーク宮城で販売している売店も出店する。ヘルメット型の容器に入った「ヘルメットグルメ」を各種用意、選手プロデュース弁当や青森出身の「細川亨のたんげめぇ弁当」(1,100円)を弘前興行限定販売する。

 14時からは、「内野1塁側A立見エリア」「内野3塁側A立見エリア」「内野自由エリア3塁側」の3種のチケットをはるか夢球場当日券売り場で追加販売。価格はいずれも大人=2,000円、子ども=1,000円。当日券を求め、朝8時から並んでいるという黒石在住の20代男性は「今日の試合は楽天に勝ってほしい」と話す。

 日本野球機構が7月2日に発表した予告先発投手によると、楽天イーグルスは古川侑利投手、福岡ソフトバンクホークスは千賀滉大投手。

 試合開始は18時。