3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

弘前にヘアサロン「ROA」 「海外の家」コンセプトに

店主の佐々木充さん(右)とスタッフの鈴木和樹さん(左)

店主の佐々木充さん(右)とスタッフの鈴木和樹さん(左)

  • 135

  •  

 弘前市百石町にヘアサロン「ROA(ロア)」(TEL 0172-40-2223)がオープンして1カ月がたった。

4日かけて作ったという店名を入れたタイル

 4月25日にオープンした同店。店主は、弘前市内の美容業界に20年以上携わっているという佐々木充さん。店名は「Rock of Ages」の頭文字から名付けた。「永遠のよりどころ」との意味を持つという。

[広告]

 佐々木さんは「お客さまには長くくつろいでもらえる場所、自分たちは常に成長し続けるといった意味を込めた」という。

 今年1月に閉店した雑貨店「いんどあ」の跡地に出店。独立を前提に前職を退職し、空き店舗を探していたところ、偶然通りかかった際に同店の「閉店セール」の張り紙を見つけたことがきっかけだったという。佐々木さんは「駅前よりは百石町などの弘前公園近くの出店を考えていた。翌日には大家さんと交渉していた」と振り返る。

 店舗面積は14坪、カット席は3席、シャンプー台は2席。内装はほぼ手作りで「海外の家」をコンセプトにした。幼なじみでタトゥーサロン「Eternal Crest」(百石町)店主の早川武寿さんがプロデュースする。「床は『ペーパーフロア』と呼ばれる海外の技法で作った物。国内ではない技法で、海外で学んだ早川さんによるもの。2センチタイルで床下に並べた店名は4日かけて作った」と佐々木さん。

 メニューは、カット(シャンプー&スタイリング)が大人=3,500円、中高校生=3,000円、小学生以下=2,500円(シャンプーなし500円引き)。カラーリングにはこだわり、ファッションカラー(4,000円~)、ブリーチカラー(1万円~)などのメニューをそろえる。佐々木さんは「セルフカラーではできないプロのカラーリングを広め、セルフカラーは頭皮へのダメージが大きいことを啓発していきたい」と意気込む。

 オープンから1カ月がたち、定休日を使って内装を改修している部分がまだあるという。佐々木さんは「看板はこれから設置する予定。あえてシンプルにした内装は今後何かを加えたり変更したりできる余白を作ったため。まだ発展途上にあり、もしかすると完成はないかもしれない」と笑顔を見せる。

 「独立は、自分の好きなスタイルで自由にやりたいという思いから。お客さまの満足には妥協しない店づくりを今後も目指していきたい」とも。

 営業時間は10時~20時。月曜・第3火曜定休

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

弘前経済新聞VOTE

お盆に弘前への帰省をどう思いますか?