プレスリリース

青森県の小さな港町で「野辺地雪とろフェス」を2月25日(日)開催!

リリース発行企業:野辺地雪とろフェス実行委員会

情報提供:


まかど温泉スキー場「あったかハウス まかどの森」

野辺地雪とろフェス実行委員会(青森県野辺地町)は、"雪を観光資源に"をテーマに、不便さを楽しむ、冬の田舎暮らしをテーマにしたイベント「野辺地雪とろフェス」を、2月25日(日)開催いたします。

野辺地町では、除雪対策費として、町直営や委託業者による除排雪の事業費を年間1億2352万3千円*を計上しており(*令和5年度)、少子高齢化のすすむ町にとっては、小さくない財政負担となっています。

また、2022年8月の大雨による大規模な土砂崩れで2年連続営業休止中の国設野辺地まかど温泉スキー場についても、現在、復旧、再開の目処は立っていない状況です。

そんな中、一方で海外・県外からの観光客が、雪を求めて野辺地町を訪れ、大喜びで写真を撮られる機会は多く、「雪を厄介者ではなく、観光資源にできるのではないか。地域が活気付くきっかけにしたい」と、実行委員会がイベントを企画したのがきっかけです。

当日は雪のかまくらなどの雪遊びコーナーのほか、飲食店などがホタテの稚貝を使ったみそ汁やコーヒーなどを販売します。その場で購入した長芋やさつまいもを焼いて食べられる焚き火コーナーや、まき割りなどの冬キャンプ体験コーナーも用意いたします。
※天候により、一部内容は変更となる可能性があります。

効率を追求する現代社会の中で、あらためて自分自身を見直しながら、ゆっくりとした時間を取り戻す、「田舎暮らしの不便さ」をあえて楽しむ「野辺地雪とろフェス」に、あなたも訪れてみませんか?

開催概要:
■日時:2024年2月25日(日)10時~17時
■場所:まかど温泉スキー場「あったかハウスまかどの森」
■参加費:無料主催:野辺地雪とろフェス実行委員会
(代表 百田真規(有)百田新聞店/ 株式会社升澤組/(株)日新モーター/ 野辺地サッカークラブ/(有)赤川林業土木 / ヤミーズ野辺地店/ 一般社団法人発酵美人協会/ お岩木山自然農園/ STUDIO.CLOUD/ 映像制作ソーシャルデザイン/ 野辺地常夜燈市場)

公式Instagram
https://www.instagram.com/noheji_yukitorofestival/





まかど温泉スキー場
まかど温泉スキー場「あったかハウス まかどの森」

焚き火で野菜を焼いて食べられるコーナーも
青森で昔から伝わる棒パン

さつまいも
野辺地特産の長芋

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース