フォトフラッシュ

《写真ニュース》メキシコ人アーティストと弘前在住ダンサーがコラボ披露

 スペースデネガ(弘前市上瓦ケ町)で2月16日、コンテンポラリーダンス作品「アノニマス・ボディ弘前ー無名の光」が公開された。弘前在住のインディペンデント・ダンスアーティストの加藤範子さんとメキシコで活動する振付師イヴァン・オンティヴェロスさんとミュージアンのベンジャム・セイフさんが共演。1月21日にメキシコから2人を呼び、弘前に滞在しながら今作品を制作した。明日17日にも公演は行われ、滞在中に開いた子ども向けワークショップに参加した中学生10人がダンスを披露するほか、公演後はアーティストトークも行う。

  •  
  •  

メキシコから2人のアーティストが滞在し、日本人女性アーティストとコンテンポラリーダンス作品を制作する。

  • はてなブックマークに追加