天気予報

22

8

みん経トピックス

ヘッドラインニュース

弘前ご当地アイドル「りんご娘」中心に劇団発足、旗揚げ公演で涙も

弘前ご当地アイドル「りんご娘」中心に劇団発足、旗揚げ公演で涙もご当地アイドル「りんご娘」が所属するリンゴミュージック(弘前市宮川)が劇団RINGOAME(リンゴアメ)を立ち上げた。

「津軽三味線世界大会」-初代チャンピオン決定

「津軽三味線世界大会」-初代チャンピオン決定津軽三味線の歴史や伝統の継承と発展を目的とした「第33回津軽三味線世界大会」が5月3日・4日の2日間にわたり、弘前市内で…

弘前公園で花見を楽しむサービス「手ぶらで観桜会」-海外から取材も

弘前公園で花見を楽しむサービス「手ぶらで観桜会」-海外から取材も5月6日に閉幕した「弘前さくらまつり」期間中に、今年も「手ぶらで観桜会」サービスが提供された。

弘前さくらまつりで探偵たちが夜桜ガイド-「夜桜探偵団」に全国から申し込み

弘前さくらまつりで探偵たちが夜桜ガイド-「夜桜探偵団」に全国から申し込み弘前さくらまつりの期間中、ボランティアガイド「路地裏探偵団」によるオプションツアー「夜桜探偵団」が今年も開催されている。

弘前さくらまつりで1日150万円売り上げる謎のグルメ「黒コンニャク」、今年も話題に

弘前さくらまつりで1日150万円売り上げる謎のグルメ「黒コンニャク」、今年も話題に弘前公園で約40年も売り続けているという謎のグルメ「黒コンニャク」が今年も、花見客から注目されている。

桜の名所・弘前で「津軽三味線世界大会」開催-津軽から世界へ

桜の名所・弘前で「津軽三味線世界大会」開催-津軽から世界へ津軽三味線の歴史や伝統の継承と発展を目的とした「第33回津軽三味線世界大会」が5月3日と4日の2日間にわたって弘前市で開…

桜の花びらが一面に広がる「花いかだ」、弘前公園の外堀で見頃に

桜の花びらが一面に広がる「花いかだ」、弘前公園の外堀で見頃に弘前公園では散った桜の花びらが水面に浮かぶ「花いかだ」が見頃となり、訪れた花見客の多くがカメラを向けている。

弘前さくらまつりの定番「とげくりガニ汁」を提供-花見客を中心に連日盛況

弘前さくらまつりの定番「とげくりガニ汁」を提供-花見客を中心に連日盛況開催中の「弘前さくらまつり」に合わせ、弘前市旅館ホテル組合では弘前公園に隣接する追手門広場(弘前市下白銀町)で、花見時期…

弘前公園が1日早く満開-週末の観光客は32万人

弘前公園が1日早く満開-週末の観光客は32万人弘前公園の桜が満開を迎え、見頃となった桜を楽しもうと全国から多くの観光客が訪れている。

弘前公園の桜2600本、グーグルマップにマッピング-日本最古のソメイヨシノも

弘前公園の桜2600本、グーグルマップにマッピング-日本最古のソメイヨシノも「弘前さくらまつり」開催に合わせ、弘前公園に2600本ある桜の木をグーグルマップにマッピングした、弘前公園総合情報サイト…

弘前でアメリカンフラワーのワークショップ-「自分だけの桜」をお土産に

弘前でアメリカンフラワーのワークショップ-「自分だけの桜」をお土産にコミュニケーションショップ「どて箱」(弘前市土手町)で、「弘前さくらまつり」に合わせて4月26日からワークショップが開か…

弘前さくらまつり開幕-石垣改修工事前の貴重な機会、200万人見込む

弘前さくらまつり開幕-石垣改修工事前の貴重な機会、200万人見込むゴールデンウイークの観光客数で毎年ベスト3に入る「弘前さくらまつり」が4月23日、開幕した。

弘前の桜の木を使用したiPhone5/5sケース、数量限定発売

弘前の桜の木を使用したiPhone5/5sケース、数量限定発売全国屈指の桜の名所である弘前公園の桜の木を使用したiPhoneケースが木村木品製作所(弘前市千年)から数量限定で発売され…

弘前城100年ぶりの大改修-桜の名所が今年限り、完成は10年後

弘前城100年ぶりの大改修-桜の名所が今年限り、完成は10年後青森県弘前市は、今秋から弘前城の天守真下にある石垣の修理を開始する。

弘前ヒロロで「路地裏」歌謡ショー、地元・高瀬まみさんとオダギリユタカさん出演

弘前ヒロロで「路地裏」歌謡ショー、地元・高瀬まみさんとオダギリユタカさん出演ヒロロ(弘前市駅前町)内の弘前市民文化交流館ホールで4月13日、「路地裏歌謡笑(カヨウショー)『出番ですよ~!』」が開催…

<<最初へ      前へ      47   |   48   |   49   |   50   |   51      次へ      最後へ>>

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

観光客にオススメしたい弘前公園の桜スポットはどこ?

アクセスランキング