3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

弘前駅前北地区の区画整理完了へ 商業施設や防災機能付き公園など

駅前町取上線交差点付近。イトーヨーカドー弘前店から撮影

駅前町取上線交差点付近。イトーヨーカドー弘前店から撮影

  •  
  •  

 弘前市が3月、弘前駅前北地区土地区画整理をほぼ完了する。

弘前駅前北地区土地区画整理事業の設計図

 JR弘前駅から北西約200メートルに位置する弘前駅前北地区。同区画整理事業は弘前広域都市計画事業の第3期として、2004年から同地区約11.2ヘクタールの工事を開始した。2017(平成29)年度中の完成を予定していたが、一部再整備や工事の遅れから2018(平成30)年度中完成に予定を延ばした。

[広告]

 同工事では公共施設の整備を改善し、電線類の地中化や地下水熱を利用した融雪施設を道路に設置する。防災機能を備えた駅前北公園を新設した。同公園は3つのゾーンに分かれ、「にぎわいゾーン」は、夏はねぷた小屋を設置し、冬はスプリンクラーによる「消雪」が行える雪置き場となる。

 現在、同エリアではドラッグストア「ツルハドラッグ 弘前駅前店」が営業しているほか、今春オープン予定のドラッグストア「メガ」などの商業施設を建設している。ツルハドラッグ隣には、15階のタワー型マンション「ポレスター弘前プレミア」も新たに建設する。

 駅前町取上線と駅前二丁目線の道路は3月28日14時から供用開始予定で、イトーヨーカドー弘前店から和徳小学校方面に抜ける新しい道路が開通する。

Stay at Home

弘前経済新聞VOTE

コロナが収束したら何をしたい?