見る・遊ぶ

青森・田舎館の田んぼアート、秋の見頃 黄金色に色づく

秋色に色づいた田んぼアート第1会場

秋色に色づいた田んぼアート第1会場

  • 191

  •  

 青森・田舎館(いなかだて)村の田んぼアートが現在、黄金色に色づき始め、見頃を迎えている。

過去最高の細かさを誇る第1会場「ヤマタノオロチ」の拡大写真

[広告]

 13種7色の稲を使って図柄を描く同村の田んぼアート。遠近法を使い、展望する場所から絵が立体的に見えるように下絵を描くのが特徴。今年のテーマは、第1会場が「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」、第2会場が「桃太郎」。

 田植え直後は苗で2色にしか見えない田んぼアートだが、成長した7月中旬から8月中旬にかけて7色となり見ごろを迎える。秋になると稲は黄金色となり、同村の企画観光課・浅利高年さんは「セピア色の味わいのある色づきになる」と自信を見せる。

 会場では、来場者から驚きや感動の声が上がり、黄金色に色づいた田んぼアートにカメラなどを向ける人の姿があった。

 浅利さんは「今年は予想通りの色づきで、台風や雨風の影響も少ない年となった。田んぼアートは1年限りの作品であるため、生で見られるのは今だけ。10月1日には背景だけを刈り取り、違った立体感のある田んぼアートになるので、ぜひ見に来てほしい」と呼び掛ける。

 入場料は大人=300円、小学生=100円。10月9日まで。第2田んぼアート会場は10月10日以降も開放する(入場料は、大人=200円、小学生=100円)。未就学児無料。10月9日まで。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

弘前経済新聞VOTE

いま注目している弘前の話題は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース