買う

弘前で県内最大級のクラフトフェア「津軽森」 全国から作家130人参加

「津軽森2015」。陶、ガラス、木、染織、金属、漆、布などさまざまな「作り手」が全国から集まる

「津軽森2015」。陶、ガラス、木、染織、金属、漆、布などさまざまな「作り手」が全国から集まる

  •  
  •  

 弘前の桜林公園(弘前市百沢)で5月30日・31日、クラフトフェア「津軽森・つがるもり2015」が開催される。

昨年の津軽森の様子。新緑の岩木山の麓で開催される

 今年で3回目を迎える同イベント。鰺ヶ沢町で行われていたクラフトフェア「C-POINT」の実行委員会だった相馬仁さんが中心に立ち上げた。県内最大級の野外クラフトフェアとして、28都道府県から約130人の「作り手」が集まり、同市内を中心とした飲食店17店舗が出店。今年も多くの来場者が見込まれている。

[広告]

 「今年は初の試みとして、ジャンル別に出展エリアをまとめた」と相馬さん。「会場は傾斜・起伏が多く、約30メートルの高低差がある。行き来するには大変といった来場者の声などを取り入れた」と紹介する。会場のマップを2万部無料で配布するなど、会場内の案内を充実させた。

 現在、会場の清掃やのぼりの設置など、当日に向けて準備を進める。岩木山の麓、標高約300メートルにある会場では気温が平地より若干低いため、「当日は上着を1枚持参した方がいいかもしれない」と相馬さん。「屋外イベントなので、あとは天気だけが心配」とも。

 「今年の傾向として若い作家さんが多い。全国から集まるたくさんの作り手さんたちと交流しに来てほしい」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は、30日=10時~17時、31日=9時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加