見る・遊ぶ

青森出身バンドが岩木山登山ばやしをアレンジ-「東京で思い浮かんだ曲」

空気公団。左から戸川由幸、山崎ゆかり、窪田渡

空気公団。左から戸川由幸、山崎ゆかり、窪田渡

  •  
  •  

 青森市出身の山崎ゆかりさんがボーカルを務めるバンド「空気公団」が、岩木山のお山参詣登山ばやしを取り入れた楽曲を12月3日から配信した。

「お山参詣登山囃子(ばやし)」配信用ジャケット写真

 山崎さんを中心に1997年に結成した同バンドは、これまでミニアルバムなどを含め16枚のアルバムをリリース。同楽曲は2015年発売予定となる約2年ぶりのフルアルバムに収録され、先行配信という形でリリースされた。

[広告]

 「小学生の時に体育館で登山ばやしを流し、壁沿いを歩いた」と話す山崎さん。高校を卒業後、東京の音楽専門学校に入学。東京での生活が長くなり、青森での記憶が薄れていく中で、この曲が思い浮かんだ。

 登山ばやしの使用に当たっては、弘前観光コンベンション協会や岩木山観光協会、岩木山神社にも確認を取った。「山の神を歌うはやしであるため、演奏する時はくれぐれも失礼のないように」と注意を受けたが使用できることが分かり、山崎さんは「はじまった!」と感じたという。

 「さいぎ、さいぎ」と登拝の唱文(しょうもん)を歌う同楽曲。「空気公団なりに登山ばやしを演奏したらどうなるだろうかと考え、仕上がった曲」と山崎さん。「この曲で青森のさまざまな方々へアプローチできれば」とも。

 楽曲名は「お山参詣登山囃子(ばやし)」。価格は150円~。iTunesほか各種配信サイトでダウンロードできる。ハイレゾ音源。

  • はてなブックマークに追加