プレスリリース

世界の山々に挑む冒険家・南谷真鈴さんが冬の白神山地を体験

リリース発行企業:青森県環境生活部自然保護課

情報提供:

2018年に、世界自然遺産登録25周年を迎えた白神山地。青森県は、世界自然遺産白神山地におけるエコツーリズムを推進するため、2月5日から1泊2日の日程で、エクスプローラーズグランドスラム(世界七大陸最高峰と南北両極点到達)達成の世界最年少記録を持ち、現役大学生でもある南谷真鈴さんを白神山地に招き、自然体験や地域交流を行いました。このツアーは、著名で影響力のある自然愛好家(インフルエンサー)を白神山地に招き、その価値や魅力をSNSで国内外に発信してもらおうと県が企画したもの。南谷さんは、冬しか見られない白神山地の絶景を楽しんだり、里の暮らしや文化にふれながら、白神の奥深い魅力を体験しました



南谷真鈴さんが青森県の白神山地を訪れたのは、昨年、世界自然遺産登録25周年記念フォーラムで講演して以来今回で二度目。最初に訪れたのは、白神山地の玄関口・西目屋村にある旧西目屋小学校の空き校舎を再利用して作られた「BUNACO西目屋工場」




ブナの蓄積量日本一を誇る青森県ですが、ブナの木は水分量が多く建築材に向かないため、ブナの木を有効活用するために開発されたのがブナコ。この工場では、さまざまな木工製品が製造されています。ブナコは、ブナの木を薄くテープ状にカットし、多彩な形に変形させたフォルムが特徴。テーブルウェアやスピーカーなど、数々のインテリア製品を生み出しています。さっそく、職人たちが作業している工場を見学する南谷さん。ブナの木を薄くテープ状にカットし、コイル(COIL)のように巻いて作ることから、「BUNA-CO(COILのCO)」という名称がついたことなど、ひとつひとつ丁寧に作業する職人たちの話を真剣に聞きながら、その技に感動していた様子。見学の後は、さっそく、南谷さんもブナコ製品づくりに挑戦。職人のアドバイスを受けながら、ブナのコイル成形するために使われる湯呑み茶碗を押し当て、器用な手つきでスムーズにコイルをずらしていきます。
ようやく、オリジナルのサラダボールが完成。工場の方で仕上げの処理を行った後、発送されるのがとても楽しみだとうれしそうに語ります。





次に、西目屋村の水源でもある津軽ダム「津軽白神湖」を回り、高さ33mの白絹のような「乳穂ケ滝(におがたき)」のライトアップを見学。滝の裏側には、不動尊が祭られており、その年の結氷の太さや形状によって豊凶の占いが行われるなど、西目屋村に伝わる冬の風習などの説明に、熱心に耳を傾けていました。


その後、弘前市へ向かい、桜で有名な弘前公園をちょっとだけ見学。桜の木をライトアップすることで、枝に積もった雪が桜の花びらのような幻想的な光景を見せる「冬に咲く桜」や、お濠に散った花びらが水面に敷き詰められる「花筏」の冬バージョンを楽しみました。この日の宿泊先は、日本の情緒漂う鰺ヶ沢温泉「水軍の宿」で、ゆったりと温泉と青森の郷土料理を味わいました。




翌日は、あいにくの雨模様でしたが、そんな天候の中でも南谷さんは元気な笑顔で、地元のガイド・板谷正勝さんの案内で冬の十二湖のスノートレッキングを楽しみました。ほとんどの湖が凍る青森の冬ですが、十二湖の青池だけはなぜか凍ることがないのだとか。青池の湖面は、夏のような澄みきった爽やかな青さはなかったものの、深い青色が神秘的。「他の湖と比べて、冬でも青い色をしているんだよ」とガイドの板谷さん。二人で、昔ながらのカンジキを履き、白神山地の魅力、白神山地に生息する野鳥、マタギの話などを聞きながら、十二湖スノートレッキングを楽しみました。






冒険家として、世界各国の山々をめぐる南谷さん。今回、白神山地の美しい景色だけでなく、そこに息づく文化、そこで暮らす人々とのふれあい、自然が生み出した温泉や食を体験し、「思ったよりも雪が少なく、雪深い白神山地の景色は見られませんでしたが、それでも青森は美しかった。今度は、新緑や紅葉の頃の白神山地を訪れてみたい。そしてぜひ、国内外の多くの方に世界自然遺産・白神山地の魅力を発信していきたい」と語ってくれました。

  • はてなブックマークに追加