プレスリリース

全国各地の漆工を万年筆に!漆塗り万年筆シリーズ 『伝統漆芸 麗』第一弾、2019年6月25日(火)より販売開始

リリース発行企業:セーラー万年筆株式会社

情報提供:

セーラー万年筆(社長:比佐泰、本社:東京都墨田区)は、全国各地の漆工を万年筆にする漆塗り万年筆シリーズ『伝統漆芸 麗(れい)』の第一弾として、「曙塗(あけぼのぬり)」「溜塗(ためぬり)」「錆塗(さびぬり)」の三種類を、2019年6月25日(火)より発売いたします。


当製品は、漆の語源ともいわれる「麗(うるわし)」の文字をシリーズ名として冠し、全国各地の漆工をラインアップした「伝統漆芸 麗(れい)」シリーズとして展開していくものです。第一弾として、輪島の「曙塗(あけぼのぬり)」と「溜塗(ためぬり)」、津軽の「錆塗(さびぬり)」の三種を発売いたします。今後も定期的にラインアップを増やし、セーラーの漆塗りシリーズとして売り場に定着するようなブランドを目指します。
セーラー万年筆の「伝統漆芸 麗」シリーズは、専用の桐箱や真田紐、一本袋などの付属品も全て日本製にこだわった仕様となっています。また、各塗師のプロフィールや塗りの特長をまとめた説明書も付属しておりますので、漆塗りの奥深さをより一層感じていただける製品です。

■第一弾ラインアップ


伝統漆芸 麗(左から「輪島 曙塗」「輪島 溜塗」「津軽 錆塗」

輪島 曙塗万年筆
輪島塗歴40年の隅祐智氏の作品です。漆塗りの中でも困難な技術とされるぼかし塗りを用いた「曙塗」は、漆黒の闇の中から陽が生まれ出るような趣を造り出し、手仕事ゆえに一本一本微妙に味わいが変わる逸品です。

輪島 溜塗万年筆
輪島塗歴40年の隅祐智氏の作品です。「溜塗」は、朱塗りの表面に透明な漆(透き漆)を塗って仕上げたもので、透き漆を通して中の色がにぶく落ち着いた色に見えるので深みが増し、使うほどに光沢が出てくる一本です。

津軽 錆塗万年筆
青森県八戸在住の現代工芸作家・島守宏和氏による創作津軽塗の作品です。津軽塗の特徴でもある凸凹とした重ね塗りの技法を活かし「錆」という世界を見事に表現した、現代の漆塗りを楽しめる一本です。

■塗師プロフィール
輪島漆塗師 隅 祐智氏
輪島漆塗師
隅 祐智(すみ まさのり)
輪島塗歴40年。昭和50年代の漆工房に弟子入りし、100以上あると云われる輪島塗の製作過程の下作業から、下塗り、中塗り、上塗り、磨きとすべての技術工程を習得する数少ない職人の一人。現在は、どの作業工程にも対応できる熟練の技術者として活躍している。


創作津軽漆塗師 島守 宏和氏
創作津軽漆塗師
島守 宏和(しまもり ひろかず)
青森県八戸市生まれ。大学にて工芸デザイン彫金科卒業、卒業制作展で優秀賞受賞。津軽塗技術研修所(青森県弘前市)卒業。津軽塗秀作展で優秀賞受賞。2011年 歴史ある伝統の可能性を求め、創造性と歓声溢れる漆芸と彫金の融合した伝統工芸品の価値を高めるため、オリジナルブランド「LANDPROTECTO」を立ち上げる。以後、作品展や企画展など数多く出店し好評を博している。

■日本製にこだわったパッケージ
漆製品の保管に最も適した素材といわれる桐箱は、木目が細かく高品質な国産桐を使用。結紐には伸びにくく丈夫な真田紐を使用しております。一本袋は、正絹の着物をほどいた生地を裁断し、爪に至るまでひとつひとつ手作りで仕上げました。手触りがよく、万年筆の収納に適しています。
桐箱
桐箱(開封)
一本袋

【製品スペック】
品 名:伝統漆芸 麗 輪島 曙塗万年筆/輪島 溜塗万年筆/津軽 錆塗万年筆
希望小売価格:80,000円+消費税
ペン先:21金、中字、大型
蓋・胴:黒檀、輪島曙塗/輪島溜塗/津軽錆塗
大 先:PMMA樹脂/ブラック
本体サイズ:φ17×151mm 29.1g/31.2g/31.5g
パッケージ:専用桐箱

【商品の取り扱いに関する問合せ先】
セーラー万年筆ユーザーサービス : 0120-191-167(フリーダイヤル)
http://www.sailor.co.jp/

  • はてなブックマークに追加